予約日の登録はしましたか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチン予約日を登録していない方にお送りしています

新型コロナウイルスワクチンの予約はできましたか

接種券を受け取り、予約をして接種します(2021年1月17日時点の情報)
接種を受けるには、まず市町村から郵送されてくる接種券が必要です。接種券は、接種済み証が一体になっています。接種できる医療機関は、インターネットや市町村の広報などで確認できるようになります。接種の予約は、電話やインターネットで済ませます。予約の際含めお金はかかりません。

予約した日に接種券と本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証や健康保険証など)を持って医療機関に行き、ワクチンを接種してもらいます。接種してもらったら、QRコードのついたワクチンシールを必ず接種済み証に貼ってもらいましょう。そして、接種の日付、接種した場所、ワクチンメーカー、どの番号(製造番号)のワクチンを接種したかを記録しておきましょう。今後、ワクチンの有害事象が疑われた時に自分の身を守ってくれる大事な情報です。

接種後に熱が続いたりした場合は、医療機関に相談しましょう。発熱がある場合、ワクチンによる反応の可能性、新型コロナウイルス感染症になった可能性、その他の病気の可能性などがあります。

接種記録を持ち歩こう
新型コロナワクチンの接種記録をアミュレットに保存できます。ワクチン接種のステータスをいつでもどこでも表示して確認できます。予約日が確定したら登録しましょう。

接種後の体調の記録を付けよう
接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

引き続き、予防策を!
ワクチンを接種後も、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

予防策はこれまでと変わりません。感染しないためには、病原体に触れない、触れても体の中には入れないことが大切です。もし感染しても、体の抵抗力が強ければ感染症にならずに病原体に勝つ(体から病原体をなくす、病原体の活動を止める)ことができます。また、感染症になってもすぐに治療を開始することで重症化を防げる場合があります。

3密の回避に加えて、以下のような「標準予防策」を続けましょう。

・手洗い
・咳エチケット
・手袋、マスクなどの使用
・周囲の消毒

 

新型コロナワクチンを接種した方へ

2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種してから体調に変化はありませんか?

接種後の体調の記録を付けよう

接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

接種記録を持ち歩こう
新型コロナワクチンの接種記録をアミュレットに保存できます。ワクチン接種のステータスをいつでもどこでも表示して確認できます。

接種したら、引き続きの予防策を!
2回目の接種が終わると、ワクチン接種は完了です。接種して1~2週間で新型コロナウイルスへの抵抗力ができあがるとされています(米国CDCのガイドラインによる※1)。
接種が一度完了したら、他社の新型コロナウイルスワクチンを受け直す必要はありません。ただし、違うタイプのウイルスがでてきたり、十分な免疫が育たなかったり、時間とともに免疫が弱ってしまったりした場合にはワクチンを打ち直すことがあります。
ファイザー社のワクチンを接種した方は、しない方と比べて感染する確率が約20分の1になると報告されています※2。
今のところ、ワクチンを接種してコロナウイルスへの抵抗力がついたとしても、他人へ感染させなくなるのかはわかっていません※3。また、抵抗力がついた場合でも今後は一切感染しないということではありません。2回の接種が終わっても、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

もしも、体調が悪くなったら
万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます4。お住まいの各自治体に相談しましょう。詳しい制度の内容や手続きは、厚生労働省のサイトで確認することができます。

※1 正しく知ろうCOVID-19「ワクチンって効くの?怖いの? その2 ワクチンの有害事象について」
※2 The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE 「Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine」
※3 FDA 「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine Frequently Asked Questions」
※4 厚生労働省 接種についてのお知らせ

新型コロナワクチンを接種した方へ

新型コロナウイルスワクチンを接種してから体調に変化はありませんか?

接種後の体調の記録を付けよう
接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

接種記録を持ち歩こう
新型コロナワクチンの接種記録をアミュレットに保存できます。ワクチン接種のステータスをいつでもどこでも表示して確認できます。

引き続き、予防策を!
ワクチンを接種後も、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

予防策はこれまでと変わりません。感染しないためには、病原体に触れない、触れても体の中には入れないことが大切です。もし感染しても、体の抵抗力が強ければ感染症にならずに病原体に勝つ(体から病原体をなくす、病原体の活動を止める)ことができます。また、感染症になってもすぐに治療を開始することで重症化を防げる場合があります。

3密の回避に加えて、以下のような「標準予防策」を続けましょう。

・手洗い
・咳エチケット
・手袋、マスクなどの使用
・周囲の消毒

もしも、体調が悪くなったら
万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます※1。お住まいの各自治体に相談しましょう。詳しい制度の内容や手続きは、厚生労働省のサイトで確認することができます。

※1 厚生労働省 接種についてのお知らせ

体調の変化はありませんか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種記録を登録いただいた方で、接種日から1週間経過した方にお送りしています

2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種して1週間が経ちました。体調に変化はありませんか?

接種後の体調の記録を付けよう

接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

接種記録を持ち歩こう
新型コロナワクチンの接種記録をアミュレットに保存できます。ワクチン接種のステータスをいつでもどこでも表示して確認できます。

接種したら、引き続きの予防策を!
2回目の接種が終わると、ワクチン接種は完了です。接種して1~2週間で新型コロナウイルスへの抵抗力ができあがるとされています(米国CDCのガイドラインによる※1)。
接種が一度完了したら、他社の新型コロナウイルスワクチンを受け直す必要はありません。ただし、違うタイプのウイルスがでてきたり、十分な免疫が育たなかったり、時間とともに免疫が弱ってしまったりした場合にはワクチンを打ち直すことがあります。
ファイザー社のワクチンを接種した方は、しない方と比べて感染する確率が約20分の1になると報告されています※2。
今のところ、ワクチンを接種してコロナウイルスへの抵抗力がついたとしても、他人へ感染させなくなるのかはわかっていません※3。また、抵抗力がついた場合でも今後は一切感染しないということではありません。二回の接種が終わっても、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

もしも、体調が悪くなったら
もし2回目の接種後に熱が続いたりした場合は、医療機関に相談しましょう。発熱がある場合、ワクチンによる反応の可能性、新型コロナウイルス感染症になった可能性、その他の病気の可能性などがあります。
万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます4。お住まいの各自治体に相談しましょう。詳しい制度の内容や手続きは、厚生労働省のサイトで確認することができます。

※1 正しく知ろうCOVID-19「ワクチンって効くの?怖いの? その2 ワクチンの有害事象について」
※2 The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE 「Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine」
※3 FDA 「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine Frequently Asked Questions」
※4 厚生労働省 接種についてのお知らせ

明日は2回目の新型コロナウイルスワクチン接種日です

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種予約日を登録いただいた方で、予約日が明日の方にお送りしています

明日は、新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種予約日です。
あらためて接種時の流れや押さえておきたいポイント確認しましょう。
大切なのは、接種時のリラックス&接種後の記録の二つです!

〇当日の持ち物
・クーポン券(「接種券」と「予防接種済み証」が付いたもの)
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
※その他の詳細は、お住いの市町村や予約した医療機関からの情報をご確認ください

〇当日の流れ
1)当日の体調をチェックしましょう
特に、発熱がある場合には接種できない場合があります

2)あらかじめ予約した*1医療機関へ

3)「予診票」に記入します
当日の健康状態やこれまでにかかった病気などから、接種が可能か医師が判断します

4)ワクチンの接種
筋肉に注射します。場所は肩のあたりが多いです。
リラックスして臨みましょう。別のことを考えたり(人によっては太ももをつねったり!するそうです)して気を紛らわせてみましょう。

5)接種後の待機
接種が終わったあとは、注射した部分を揉んだりする必要はありません。医療機関で貼ってもらうばんそうこうで十分です(医療機関の指示に従ってください)。
しばらくは接種した医療機関で待機し、体調がすぐれない場合に医師とすぐに連絡が取れるようにします。

6)接種の完了!
接種してもらったら、QRコードのついたワクチン接種シールを、「予防接種済み証」に必ず貼ってもらいましょう。接種したワクチンの詳細がわかる大事なシールです。

7)Amuletに登録
いつ、どの医療機関で、どのメーカーどのワクチンを受けたのかを画像などで記録します。今後、接種状況を確認したい時、接種後に体調が良くない時、接種証を無くしてしまった時などに自分を守るための大事な情報になります。

8)接種直後~数日はご自身の体調の変化に注意して過ごしましょう
接種当日の入浴は問題ありませんが、激しい運動は避けましょう
接種した部位は清潔にしましょう
接種した部位が腫れたり、痛んだりすることがあります
※接種した医療機関の指示に従ってください

※1 医療従事者の方の場合、接種場所や日時については、ワクチンの供給量や予定日などが分かってから、接種を行う医療機関が決定し、お勤め先からお知らせします。上記の接種方法とは異なる場合があります。(厚生労働省 医療従事者等への接種について
※2 ​WHO「E-learning course on Vaccine Safety Basics」

体調の変化はありませんか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの接種日を登録いただいた方で、接種日から1週間経過した方にお送りしています

新型コロナウイルスワクチンを接種して1週間が経ちました。体調に変化はありませんか?

接種後の体調の記録を付けよう
接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

もしも、副反応が出たら
病気の治療に使う薬と違い、ワクチンは感染症予防のために健康な人にも使います。このため、その安全性には薬より厳しい基準が使われています。それでも、ワクチン接種に伴って予期しない反応や好ましくない反応が体に起きる場合があります。これを「有害事象」と呼びます。有害事象の原因は、ワクチンのほかに、接種する人が持つ不安や、実はワクチンと無関係だと後になってからわかるものがあります。残念ながら、今の技術では有害事象を完全になくすことはできません。

よく見られる有害事象には、ワクチン接種後の発熱や倦怠感、接種した場所の痛みや腫れ、アレルギー反応などがあります。熱や痛み、腫れは数日で治ることがほとんどですが、「あれ?」と感じたらすぐに接種した医療機関に相談しましょう。

もし一回目の接種後に熱が続いたりした場合は、医療機関に相談しましょう。発熱がある場合、ワクチンによる反応の可能性、新型コロナウイルス感染症になった可能性、その他の病気の可能性などがあります。

万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます*2。お住まいの各自治体に相談しましょう。詳しい制度の内容や手続きは、厚生労働省のサイトで確認することができます。

引き続き、予防策を!
ワクチンを接種後も、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

予防策はこれまでと変わりません。感染しないためには、病原体に触れない、触れても体の中には入れないことが大切です。もし感染しても、体の抵抗力が強ければ感染症にならずに病原体に勝つ(体から病原体をなくす、病原体の活動を止める)ことができます。また、感染症になってもすぐに治療を開始することで重症化を防げる場合があります。

3密の回避に加えて、以下のような「標準予防策」を続けましょう。

・手洗い
・咳エチケット
・手袋、マスクなどの使用
・周囲の消毒

※1 医療従事者の方の場合、お勤め先を通じてお知らせします。(厚生労働省 接種についてのお知らせ
※2 厚生労働省 接種についてのお知らせ

体調はいかがですか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの接種記録を登録いただいた方で、接種日が一昨日の方にお送りしています

新型コロナウイルスワクチンを接種して2日が経ちました。体調に変化はありませんか?

接種後の体調の記録を付けよう

接種後も、引き続き体調の変化を記録しておくことで、万が一何かあったときに医療機関への相談がスムーズになります。アミュレットの「ヘルスログ」機能を使って、その日の気分など体調の変化を記録しておきましょう。

もしも、副反応が出たら
病気の治療に使う薬と違い、ワクチンは感染症予防のために健康な人にも使います。このため、その安全性には薬より厳しい基準が使われています。それでも、ワクチン接種に伴って予期しない反応や好ましくない反応が体に起きる場合があります。これを「有害事象」と呼びます。有害事象の原因は、ワクチンのほかに、接種する人が持つ不安や、実はワクチンと無関係だと後になってからわかるものがあります。残念ながら、今の技術では有害事象を完全になくすことはできません。

よく見られる有害事象には、ワクチン接種後の発熱や倦怠感、接種した場所の痛みや腫れ、アレルギー反応などがあります。熱や痛み、腫れは数日で治ることがほとんどですが、「あれ?」と感じたらすぐに接種した医療機関に相談しましょう。

もし1回目の接種後に熱が続いたりした場合は、医療機関に相談しましょう。発熱がある場合、ワクチンによる反応の可能性、新型コロナウイルス感染症になった可能性、その他の病気の可能性などがあります。

万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます*2。お住まいの各自治体に相談しましょう。詳しい制度の内容や手続きは、厚生労働省のサイトで確認することができます。

ワクチンを接種後も、引きつづき手洗いやマスク、消毒をすることと、人との距離を保つといった予防策を継続しましょう。

※1 医療従事者の方の場合、お勤め先を通じてお知らせします。(厚生労働省 接種についてのお知らせ
※2 厚生労働省 接種についてのお知らせ

作成:株式会社ミナケア

体調はいかがですか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの接種記録を登録いただいた方で、接種日が昨日の方にお送りしています

新型コロナウイルスワクチンの接種記録を登録いただきありがとうございました。ワクチン接種、おつかれさまでした。体調に変化はありませんか?

ワクチン接種の後は、ちょっとした体調の変化など、副反応が心配になりますよね。ワクチン接種で起こる副反応にはどんなものがあるのでしょうか。

ワクチンの副反応について

接種直後~数日はご自身の体調の変化に注意して過ごしましょう。
病気の治療に使う薬と違い、ワクチンは感染症予防のために健康な人にも使います。このため、その安全性には薬より厳しい基準が使われています。それでも、ワクチン接種に伴って予期しない反応や好ましくない反応が体に起きる場合があります。これを「有害事象」と呼びます。有害事象の原因は、ワクチンのほかに、接種する人が持つ不安や、実はワクチンと無関係だと後になってからわかるものがあります。残念ながら、今の技術では有害事象を完全になくすことはできません。

よく見られる有害事象には、ワクチン接種後の発熱や倦怠感、接種した場所の痛みや腫れ、アレルギー反応などがあります。熱や痛み、腫れは数日で治ることがほとんどですが、「あれ?」と感じたらすぐに接種した医療機関に相談しましょう。

万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合、国による健康被害救済制度があります。お住まいの各自治体に相談しましょう。

作成:株式会社ミナケア

接種は終わりましたか?

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの接種予約日を登録いただいた方で、接種予約日が本日の方にお送りしています

ワクチン接種、おつかれさまでした。体調に変化はありませんか?

ワクチン接種が終わったら、接種の記録を付けておきましょう。
今回は、ワクチン接種記録の付け方をご紹介します。

なぜ接種記録が必要なの?
接種後に、医療機関でワクチン接種シールを貼った接種済証を受け取ったと思います。この接種済証は、どのメーカーのどのワクチンを受けたのかが記録された大事な情報です。2回目の接種を受ける際にも必要になります。

この記録は、万が一、ワクチンが製造される途中や、製造されてから医療機関に届くまで、医療機関に届いてから接種するまでのどこかでミスがあった場合に、将来的に自分を守る大切な情報になります。

接種記録の付け方

ステップ1 接種証を写真に撮影
自治体から送付された*1「新型コロナワクチン」のクーポン券の全体像、そのなかの「接種券」、接種したときにもらうワクチン接種シールを貼った「接種済証」を撮影します。

上手な画像撮影のポイント

  • クーポン券の全体像、「接種券」、ワクチン接種シールを貼った「接種済証」をそれぞれ撮影しましょう
  • 接種券や接種済証に書かれている文字が読めるように、カメラのピントを合わせましょう
  • 接種した日付、場所、メーカー名、製造番号、ご自身の名前・住所・生年月日、接種券に記載のその他の情報がわかるように撮影しましょう

ステップ2 アプリに記録
ワクチン接種シールを貼った「接種済証」をお手元に用意して登録を始めてください。アプリを開き、HOME画面の「新型コロナウイルス ワクチン接種記録をつけよう」のバナーから「接種ワクチンの登録」画面にうつります。
接種した日付とメーカー名、ステップ1で撮影した画像を登録したら、接種記録の登録は完了です。

メーカー名の入力の仕方
お手元の、ワクチン接種シールに記載されているQRコードを読み取ると、自動的にメーカー名が入力されます。

※1 医療従事者等の方の接種方法については、勤務先を通じてお知らせする予定です。上記の接種方法とは異なる場合があります。(厚生労働省 接種についてのお知らせ

作成:株式会社ミナケア

今日は新型コロナウイルスワクチン接種日です

※このお知らせは、新型コロナウイルスワクチンの接種予約日を登録いただいた方で、予約日が本日の方にお送りしています

今日は、新型コロナウイルスワクチンの接種予約日です。気になる副反応のこと、接種後の過ごし方についてお伝えします。

ワクチンの副反応について

接種直後~数日はご自身の体調の変化に注意して過ごしましょう。
病気の治療に使う薬と違い、ワクチンは感染症予防のために健康な人にも使います。このため、その安全性には薬より厳しい基準が使われています。それでも、ワクチン接種に伴って予期しない反応や好ましくない反応が体に起きる場合があります。これを「有害事象」と呼びます。有害事象の原因は、ワクチンのほかに、接種する人が持つ不安や、実はワクチンと無関係だと後になってからわかるものがあります。残念ながら、今の技術では有害事象を完全になくすことはできません。

よく見られる有害事象には、ワクチン接種後の発熱や倦怠感、接種した場所の痛みや腫れ、アレルギー反応などがあります。熱や痛み、腫れは数日で治ることがほとんどですが、「あれ?」と感じたらすぐに接種した医療機関に相談しましょう。

ワクチンを接種した後の過ごし方

接種が終わったあとは、注射した部分を揉んだりする必要はありません。医療機関で貼ってもらうばんそうこうで十分です(医療機関の指示に従ってください)。注射した部分を清潔に保つようにしましょう。
接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないように気を付けてください。また、当日の激しい運動は控えましょう*1。

ファイザー社のワクチンは、1回目の接種の後、3週間の間隔を開けて2回目の接種を受ける必要があります。2回目の接種日は医療機関と相談し、アミュレットに予約日を忘れないように登録しておきましょう。

※1 新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に係る自治体説明会(第2回)

作成:株式会社ミナケア